お宝探しイベント ミッション1
おでかけしながら、県内に隠されたお宝スイッチを探せ!
おでかけしながら、県内に隠された「お宝スイッチ」を探せ! 沖縄県を代表する宝、今後も守り続けていきたい宝を、スイッチ!OTVがピックアップ。 県内に隠されたお宝を探しながらポイントを貯めよう!!

※お宝スイッチの地点より半径50メートルの範囲で取得できます
※GPS機能を使用しますので、地下やトンネル内、ビルの屋内では取得できない事があります
※マップ上にある「お宝スイッチ」では1日1回、ポイント取得ができます
※マップ上にある「お宝スイッチ」は毎日リセットされますので、同じ場所に何度も通ってポイント取得ができます
※うまくポイントが取得できない場合は、前の画面へ戻るか、またはアプリの再起動を行うことで改善できます

識名園

識名園
〒902-0072 沖縄県那覇市真地421-7
識名園(俗にシチナヌウドゥンと呼ぶ)は、琉球王家最大の別邸で、国王一家の保養や外国使臣の接待などに利用されました。1799年につくられ、1800年に尚温王冊封(さっぽう)のため訪れた正使(せいし)趙文揩、副使(ふくし)李鼎元(りていげん)を招いています。
王家の別邸としては1677年、首里の崎山(さきやま)村(現在の首里崎山町)に御茶屋御殿(ウチャヤウドゥン)がつくられました。現在の首里カトリック教会がある所です。首里城の東に位置したので「東苑(とうえん)」とも呼ばれ、その後につくられた識名園は、首里城の南にあるので「南苑(なんえん)」とも呼ばれました。(那覇市公式HPより)
スポット一覧へ戻る